メニュー

商品紹介 | 日本刀の真剣なら一太刀.com

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

商品紹介

太刀

太刀は平安時代後期頃に形が確立したもので、"古式の日本刀"となります。室町時代ごろから"刀"が一般化し、江戸時代になると通常は刀、儀式の際には太刀が用いられました。

太刀は刀よりも刃が長く、約60cm以上のものとなります。また、約90cm以上の長さのものを「大太刀(おおだち)」と呼びます。 さらに、刃を下にして左腰に佩(は)きますので、刃を下に向けたときの茎の左側が体の外側に向くのも特徴です。

一般的には、平安時代以降の鎬(しのぎ)があり、刃に反りをもった日本刀を太刀と称し、「古墳出土品」や「正倉院伝来品」などについては「大刀」と書いて「たち」と読みます。また、茎の表(佩表)に刀工の名前が刻まれていれば、太刀として判断します。

太刀

歴史的例

源 頼洸 所用「糸巻太刀」

銘:安綱(名物 童子切)
平安時代中期を生き抜き武勇に優れた武将、源頼光が愛用した太刀。酒呑童子討ち取りの怪刀と呼ばれている。

上杉謙信・景勝 所用「黒漆合口打刀」

銘:一(号 姫鶴一文字)  詳細はこちら  
安土桃山時代から江戸初期の武将「上杉景勝」と戦国大名の軍神「上杉謙信」が愛した太刀。強く生きた二人の武将を写したような名品。

徳川家康 所用「妙純傳持 ソハヤノツルキ ウツスナリ」

重文:革柄蠟色鞘内刀   詳細はこちら
江戸時代の初代将軍徳川家康が子孫鎮護の刀として、西の方にきっさきを向けて立てておくように遺言した由緒があります。

徳川家康所用「黒塗研出鮫打刀拵」

銘:筑州住左(号江雪左文字)  詳細はこちら
江戸時代の初代将軍徳川家康が最も愛した太刀。作品銘に

「左」の字を切る事から左文字と呼ばれる。短刀を得意と

していたが佐名の太刀はこの一振りのみである。

刀には550年以上の歴史があるといわれ、室町時代~明治初期に至るまで日本の心として存在しています。刀身の姿・刃文・地鉄には、時代や地域・作り手によって明らかな特徴があり、刀の姿だけで様々な歴史に関する情報が詰め込まれています。

刀はそれまで使用されていた太刀から、更に短く使いやすく形状を変化させていき、室町時代中期からは一般的に刀を大小二本持つ形が確立されて参りました。大小につきましては、刀が大、脇差が小というのが基本形となります。

江戸時代からは、大名から美術品・骨董品として扱われる事も多くなり、贈り物としての価値も見出されて参りました。
当社では刀を販売する事で、お客様が日本の歴史を学ぶきっかけにもなればと考えております。

刀

歴史的例

黒田 如水 所用「金霰鮫青漆打刀」

金象㠌銘:長谷部国重(名物へし切)  詳細はこちら
安土桃山時代の武将、通称"黒田官兵衛"が織田信より拝領したもの。
信長がこの刀で膳棚ごと圧(へ)し切ったことに由来する刀。

織田 信長 所用「義元左文字」

戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した戦国武将。
今川義元を討った際に金象㠌銘によって「永禄三年五月十九日 義元討捕刻彼所持刀 織田尾張守信長」と記載されている。

豊臣秀吉 所用「吉光(名物 一期一振)」

安土桃山時代、織田信長に仕えた武将豊臣秀吉が愛した刀。
鎌倉時代末期に活躍した光による一期一振として名高い名刀。
江戸の大火の際に焼けてしまったが、越前康継の手で再刃された。

細川忠興 所用「腰刻黒漆研出鮫内刀拵(歌仙拵)」

銘:濃州関住兼定作(歌仙兼定)   詳細はこちら
戦国時代かた江戸時代初期にかけての武将細川忠興が愛した名刀。
刀剣の二大生産地であった美濃国の名工による至極の一品とされる。

短刀

短刀は基本的に約30cm以下の刀を指します。例外として、刀身の長さが30cmを越える短刀の形を持つものは、寸延短刀(すんのびたんとう)と呼ばれるものもございます。

歴史的には、刀を携帯することが許されない城内や会合等の席で、身を守るための懐刀(ふところがたな)として重宝されておりました。
「刀」と呼ばれていた時期が長い為、古い短刀に関する情報はあまり残っていません。他の呼び名として、刺刀((さすが)、小刀(かたな)、腰刀(こしがたな)、鞘巻(さやまき)、隠剣(いんけん)など、様々な呼び方をされておりました。

脇差との違いは、「脇差よりも刀身の短い」という点と「鍔をつけていない点」がございます。その為、至近距離での攻撃に向き、また存在を悟られにくい為、不意打ちに適しているとされております。

短刀

歴史的例

上杉謙信 所用「謙信景光」

上杉謙信が常に帯刀していたとされ、刀身には「謙信景光」という号があります。内反りの形「片落互の目」は景光から始まった形とされいる。

森忠政 所用「愛染国俊」

銘:国俊
安土桃山~江戸時代前期の武将の森忠政が愛した短刀。豊臣秀吉から徳川家康、そして森忠政へと所有者が移り変わった。

兼氏

刀工兼氏は大和国にて生まれ、美濃国志津に移り、また相模国にて正宗を学んだとれている。

清綱

刀工清綱は、大和国から周防国に移住した二王派の祖とされています。二王派とは大和色の強い作風で知られる刀工集団。

脇差

脇差は、主にメインで使用している「日本刀が使えない時」に使用される予備の武器を指します。室町時代までは、打刀(うちがたな)の大小拵えの小刀(しょうとう)と呼ばれており、近年になってから「脇差」という名称で呼ばれるようになりました。その為、日本刀の種類として「脇差」は様式的な特徴はございません。

主に百姓・町人等が旅をする際に護身用に帯刀していた道中差(どうちゅうざし)とよばれるものも脇差であり、短刀と同じように武士以外でも帯刀が許されているのも特徴です。

また、上意討ち・無礼打ちの際討たれる理不尽を感じた者は、脇差ならば刃向かうことが許されたと言われております。

脇差

歴史的例

行秀

銘:左行秀
尊王攘夷派中心人物として名を馳せた桂小五郎を経た短刀。
行秀は土佐藩お抱えの刀工として活躍した。

綱俊

銘:加藤八郎綱俊
綱俊は、米沢藩士の上杉家お抱えの刀工。備前伝互の目丁子や大和伝直刃を得意とした名工。

吉道

銘:丹波守吉道
ゆらゆらとした川の流れのような刃文が特長的な脇差。切れ味が鋭い為、業物の作者に指定されている名工。

国重

銘:備中國水田住国重作
水田国重は南北朝時代の相州物のような作風で、良業物作者として有名な名工。

その他

一太刀.comでは、太刀・刀・短刀・脇差以外の日本刀につきましても、ご注文いただく事ができます。

薙刀や槍など、現存しているモノでしたら、資料を参考にお作りします。

現存していないもモノでも、資料が充実している場合や、疑似部分が多いモノが現存している場合には、ご希望にお応えする事が出来る可能性もございます。
※ただし鎧・武具など「刀」に関するもの以外のものにはご対応出来かねますので、ご了承ください。

詳細に、細部まで拘ったモノをお作り致しますので、ご不明点などございましたらお気軽にご相談ください。

その他

歴史的例

是介

鎌倉時代後期の薙刀。詳しい流派や時代が明らかになっていませんが、古剣書に是介の名が出てきます。現在は、京都国立博物館に収められています。

長光

銘:長光
鎌倉時代中期~後期にかけて作られた薙刀。明治期に小笠家から天皇家へ献上された、ほぼ現状をのこしている貴重な薙刀。

会社概要
ご注文の流れ

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら