メニュー

一太刀通信 | 日本刀の真剣なら一太刀.com

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

一太刀通信

太刀銘と刀銘

太刀銘(たちめい)

銘は表側に切るのが普通であり、太刀なら刃を下にして腰に佩いた場合、

銘は外側(佩表)になる。室町時代初期までの太刀の流行期には太刀銘に

切った太刀がほとんどであるが、例外として豊後国行平、古青江派などは

佩裏に銘がある。

 

刀銘(かたなめい)

刀、脇差、短刀などを刃を上にして腰に差した場合に、差表側に切られた

銘。太刀銘とは反対側になる。刀が流行する室町時代以降は刀銘が一般的

であるが、例外として肥前忠吉一門、越前の山城守国清は常に差裏に切っ

ている。新々刀の水心子正秀の一門にもしばしば見られる。

 

その他にも色々な種類の銘があるのでこれからも紹介していきたいと思います。

備前国住人雲次 伊達政宗所用

鎌倉時代末期に活躍した刀工、雲次が作刀したものである。

宇甘派の祖とされる雲生の子である。

 

愛刀家として知られる伊達政宗が佩刀していたとされるこの

太刀は現在、重要文化財に指定されており刀剣博物館所蔵に

なっている。

 

戦国武将の「写し刀」の制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

写し刀・新作刀

一太刀.comが手掛ける写し刀・新作の最大のメリットは適当な物がなく

「本物」だけを提供出来るという点でございます。

その昔、戦(いくさ)用に大量に作られた、使い捨ての数打ち刀と現在では

国宝・重要文化財に指定されている本打ちがありました。

今でも大量生産された、使い捨ての数打ち刀が流通、販売されています。

 

一太刀.comが手掛ける日本刀(真剣)は「折れず・曲がらず・良く切れる」は

もちろんの事、その見た目の美しさは鉄の最高傑作といえます。

千年の歴史を伝承する現代の匠達が作り出す最高峰の日本刀(真剣)を後世に残

していくためにも新作刀の普及を目指していきたいと思います。

 

明石國行 松平秀康所用

鎌倉時代中期の刀工、来國行の作である。國行は来派の祖といわれている。

國行、最高傑作といわれる一振りである。焼幅が広く踏ん張りの強い刀身

は棟にも焼きが入り強度が高められている。

現存している物は太刀・短刀が多く、薙刀、剣がまれにみられる。

名前の由来は、明石松平家に伝来したためこの異名をもつ。

 

DATA 国宝 刃長76.5㎝ 反り3.03㎝ 日本美術刀剣保存協会所蔵

 

戦国武将の「写し刀」の制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

織田信長が愛した刀工 備前長船光忠

織田信長が好んで集めたとされる備前長船光忠の作品は

三十二振りもあったとされている。

 

光忠は鎌倉時代中期の刀工である。備前長船派の祖とい

われている。信長のコレクションの中には光忠最高傑作

の「福島光忠」「生駒光忠」「三好実休光忠」「燭台切光忠」

が含まれている。

 

光忠の作品は切れ味に優れ、美しい作りであったため、色々

な武将から人気があったといわれている。

 

現存する光忠の作品は国宝・重要文化財の物が数多くある。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

日本刀のプレゼント

経済的に余裕のある方にプレゼントを贈る時に困る事があると思います。


特に男性の方の場合ですと、高級住まい、高級車、高級腕時計などとい


った贅沢品はお持ちになられている事も少なくないと思います。


そこでお勧めしたいのが弊社が制作する「戦国武将の写し刀」(真剣)です。
日本刀には「男の憧れ」みたいなところがあります。


大切な方の誕生日にプレゼントされる時や父の日の贈り物に困られたら是非、
弊社の日本刀を考えてみてはいかがでしょうか。大切な方が喜ばれるお手伝い
をご一緒にさせて頂けたらと思います。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

本能寺の変 1582年

明智光秀軍13000人vs織田信長軍100人

天下統一を目前にひかえた織田信長は中国地方で戦っている

豊臣秀吉を助ける様にと明智光秀に命じた。信長も中国地方

に向かった。信長はその途中で京都の本能寺に泊まる事とな

った。それを聞いた光秀は13000人の兵を率いて信長のもと

へと向かい「敵は本能寺にあり」と叫んだ。信長は弓と槍で

応戦したが最期は自害した。

この時に光秀が信長から分捕った太刀が「津田遠江長光」で

ある。現在は国宝、徳川美術館所蔵である。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

戦国武将の写し刀(真剣)

弊社が制作している日本刀は戦国武将の写し刀がメインです。

手掛ける作品のほとんどが国宝・重要文化財に指定されてい

ます。国宝・重要文化財の日本刀は日本から輸出する事が禁

止されています。

弊社が制作する日本刀は「折れず・曲がらず・よく切れる」は

もちろんですが拵えの再現性も最上級です。

弊社の日本刀は海外輸出が可能なので海外のお客様にも喜んで

頂けると思います。

川中島の戦い 1561年 4回目の戦い

武田信玄軍21000人vs上杉謙信軍18000人

信玄と謙信は川中島(長野県)で5回も戦った。その中でも

4回目の戦いが1番激しかったといわれている。

謙信は妻女山に、信玄は海津城に陣地を築いた。信玄が先に仕掛け

逃げて来る謙信軍を挟み撃ちにするつもりだったが謙信はこの作戦

を見破り川中島の八幡原に本陣を構えていた信玄に襲い掛かった。

謙信は馬上から刀を振り下ろし、信玄に切りかかったが軍配で受け

止めたといわれている。

その時に使われた刀が、上杉謙信の秘蔵刀の中でも伝説の一振りと

いわれる「小豆長光」である。

名前の由来は、ある日、鞘の割れた太刀を帯びたみすぼらしい男がいた。

男は小豆を入れた袋を持っていたが、袋が破れていて小豆粒がぽろぽろ

こぼれ落ちていた。こぼれた小豆粒は露出した刃に触れた瞬間真っ二つに

なり落ちていったという逸話からこの名がついた。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

桶狭間の戦い 1560年5月

織田信長軍、約2000人vs今川義元軍、約25000人

義元の大軍が桶狭間の丘で休んでいた。信長軍は迷う事なく

一気に義元の本陣に奇襲攻撃を始めた。大混乱におちいる義

元軍。味方の兵が逃げてしまい、取り残された義元は織田軍

によって討ち取られた。

弱小大名だった織田信長が25000人の大軍を率いる今川義元

に勝利した事で天下にその名をとどろかせた。

この戦いで信長は義元から分捕った太刀がある。それが現在

にも伝わる「義元左文字」である。信長はこれを磨り上げて

茎に「永禄三年五月十九日義元討捕刻彼所持刀」裏に「織田

尾張守信長」と記録させた。義元左文字は鎌倉時代末期の筑

前国の刀工、「左」の作刀である。

この戦いから天下統一を歩み始める事になった信長にとって

特別な一振りだった事は間違いないだろう。

 

DATA重要文化財 刃長67.0㎝ 建勲神社所蔵

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら