メニュー

一太刀通信 | 日本刀の真剣なら一太刀.com

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

一太刀通信

山田浅右衛門(やまだあさえもん)

徳川幕府の御様御用(おためしごよう)を務めていた江戸時代の

試し斬り役。罪人を斬り、斬った後は刀剣の切れ味を将軍に報告

するまでが仕事であった。

死刑執行人として名高く、首切り浅衛門、人切り浅衛門とよばれ

ていた。

 

これからも日本刀に関する様々な出来事や逸話などを紹介してい

きたい思います。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

貞宗三哲(さだむねさんてつ)

彦四郎貞宗の弟子から選ばれた優れた三名工である。

正宗十哲にも勝る名工揃いといえるだろう。

信国(山城国)

法城寺国光(但馬国)

元重(備前国)

貞宗は正宗の弟子である。正宗が養子としてむかえる

ほどの逸材であった。そんな優れた名匠の弟子である

三哲も確かな名工たちであった。

 

古の匠たちがいたからこそ日本の文化が現代に引き継

がれているのだろう。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

 

正宗十哲(まさむねじゅってつ)

相州正宗の門人として有名な十人。

来国次(山城国)

長谷部国重(山城国)

則重(越中国)

郷義弘(越中国)

長船兼光(備前国)

長義(備前国)

志津兼氏(美濃国)

金重(美濃国)

直綱(石見国)

左(筑前国)

 

鎌倉時代末期に活躍した五郎入道正宗の弟子十人。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

南泉一文字 豊臣秀吉所用

鎌倉時代初期の備前一文字派の作品といわれている。

名前の由来はもとは足利家の重宝で、研ぎにだして

壁に立てかけていたところ、猫が飛び込んできたと

ころ真っ二つになったといわれている。

南泉という僧が猫を切ったという話がありその事故

にちなんで「南泉一文字」という名がついた。

 

豊臣秀吉

織田信長の家臣。本能寺の変後は信長の後継者とし

て天下統一をした戦国時代の一番の出世頭。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 御物 刃長61.5㎝ 反り2.0㎝徳川美術館所蔵

後家兼光(ごけかねみつ) 直江兼続所用

南北朝時代の刀工、兼光の作。備前派の父を持ち、相州派からも

学び、独自の作風を進化させた刀匠。

名前の由来は兼続の死後、主家の上杉家に献上された事から後家

と呼ばれる様になったといわれている。

 

直江兼続

上杉家の家臣の子として生まれ上杉景勝に仕えた武将。

武に優れ、政治力にも優れていたとされる。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長80.0㎝ 反り2.1㎝ 静嘉堂文庫美術館所蔵

古今伝授行平(こきんでんじゅゆきひら)細川幽斎所用

鎌倉時代初期に活躍した豊後国の刀工、行平の作である。

名前の由来は、武将であると同時に歌道に精通した当代

随一の歌人であった幽際は古今和歌集の解釈に関わる秘

説相承で受け継ぐ「古今伝授」の唯一の伝承者であった。

 

細川幽斎

戦国時代の武将。

細川忠興の父。織田信長・豊臣秀吉・徳川家康に仕える。

和歌を学び古今伝授をうけ、二条家の正統を伝えた。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長80.0㎝ 反り2.8㎝ 永青文庫所蔵

津軽正宗 城昌茂所用

鎌倉時代後期の相州鍛冶、正宗の作といわれています。

名前の由来は、戦国大名城昌茂が所持していた事から

この名がついた。

 

城昌茂

戦国時代の武将。

初めは武田家に仕え、滅亡した後は徳川家康に仕えた。

大坂夏の陣で軍律違反で改易された。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長70.6㎝ 反り2.5㎝

 

片鎌槍(かたかまやり) 加藤清正所用

室町時代後期の備前の刀工、祐定と美濃国関の刀工、兼重の

作であります。

「七本槍」の筆頭として武功を上げ頭角を現した加藤清正が

愛用していたとされる槍が「片鎌槍」である。十字槍の一種

で実用的に優れていたとされています。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長29.7㎝ 東京国立博物館所蔵

蜻蛉切(とんぼきり) 本多忠勝所用

室町時代中期の刀工、藤原正真の作といわれています。

名前の由来は忠勝が戦場で休憩している時に飛んでき

た蜻蛉が槍の先に止まった瞬間に真っ二つに切れた事

からこの名がついたとされています。

本多忠勝

家康の家臣として五十七回もの戦いでかすり傷一つ負

わなかったといわれています。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長43.9㎝ 東京国立博物館

日本号 母里太兵衛友信所用

室町時代後期の刀工、大和金房一派の作とされています。

天下三槍の代表格といわれています。足利義昭、織田信

長、豊臣秀吉の手にわたり後に、黒田家に伝来したとい

われています。

 

 

母里太兵衛友信

黒田家最強の先駆けとして色々な戦いで活躍する

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長78.8㎝ 福岡市博物館所蔵

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら