メニュー

一太刀通信 | 日本刀の真剣なら一太刀.com

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

一太刀通信

太郎作正宗 水野太郎作清久所用

号の由来は、徳川家家臣の水野太郎作清久が所持していた事にちなんで

います。織田信長と越前朝倉家の戦いの際に織田軍につき出陣していた

家康の家臣水野太郎作が兜を上から打ち下ろすと兜を真っ二つに切り割

ったといわれています。この刀には切っ先から二十五センチぐらいまで

刃こぼれしているのですが、その時の衝撃でできたものとされています。

 

弊社が太郎作正宗を再現する際にはこの刀に負けない

「折れず・曲がらず・よく切れる」を追及しさらにこの刀を超える物を

作りたいと思います。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長64.3㎝ そり1.8㎝ 文化庁所管

 

江雪左文字(こうせつさもんじ) 徳川家康所用

作刀者は相州正宗の十哲の一人、筑前の左文字派の左衛門三郎安吉の作とされて

います。短刀を得意とし、銘が切られている太刀はこの一振りのみとされていま

す。茎に左と切る事と、もともとは北条氏の家臣岡部江雪斎が所持していた事か

ら江雪左文字と呼ばれています。

家康は、この太刀を大変気に入り拵えをあつらえていつも帯刀していたとされて

います。

後に、家康の十男、紀州徳川初代の頼宣に譲り、紀州徳川家に伝わったとされて

います。

 kousetusamonnjicg2

 

 

 

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長78.1㎝ 反り2.7㎝ ふくやま美術館寄託/個人蔵

大典太光世 前田利家所用

作刀者は筑後の一派といわれていますが茎に銘が切られているのはこの刀のみです。

平安時代の作風としては他の作品とはかけ離れている事から、そこまで古い物では、

ないという専門家の意見もありますが、「天下五剣」として名高い事から名刀である

事は疑いようがありません。

また試し切りが行われた際には三胴を重ねた死体を二つ両断し三体目の背骨まで切り

こんだといわれています。

秀吉に仕え五大老の一人として武に優れ、文化人としても優れていたといわれています。

そんな利家はこの刀を大事にし、代々受け継がれたとされています。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長65.1㎝ 反り2.7㎝ 前田育徳会蔵

弘▢(ひろ)上杉謙信所用

武田信玄が上杉謙信に塩の返礼として、贈った太刀といわれています。武田信玄の領地は

海がなく、東海から塩を調達していましたが敵軍に道を封鎖されてしまい、その時に上杉

謙信が日本海の方から塩を送ったという故事で「敵に塩を贈る」との名言が生まれていま

す。義を重んじる上杉謙信らしいエピソードといえるでしょう。茎に「弘」の字がありそ

の後に続く文字があった様ですが現在もわからないままです。

「弘▢」の銘でも作風は鎌倉時代の備前の作とみられる点から、備前一文字の作刀といわ

れています。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 重要文化財 総長110.6㎝ 東京国立博物館所蔵

義元左文字(よしもとさもんじ)織田信長所用

鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した刀工、筑前隠岐の左衛門尉安吉の

作とされています。

桶狭間の勝利を記した刀

千五百六十年に桶狭間の合戦で義元に勝利し、今川義元から刀を分捕った事を茎

に刻んでいます。この戦いでは今川義元の軍が二万五千に対し織田信長の軍が二

千。油断していたところを信長が奇襲攻撃し勝利を収め、天下統一への第一歩と

なりいつも身につけていたといわれています。弱小大名だった信長がこの戦いで

天下にその名をとどろかせる事ができました。そんな信長にとってこの刀は特別

な一振りだったのでしょう。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 重要文化財 刃長67.0㎝ 建勲神社所蔵

 

真光(さねみつ) 酒井忠次所用

作刀者は備前長船の長光の門下の名工真光と伝えられています。忠次は「徳川四天王」

と呼ばれる実力ある武将の筆頭として知られています。家康が幼い時から仕え、家康の

大事な戦いには全て参加しています。その中でも長篠の戦いで活躍した時に織田信長か

らも一目置かれる存在でした。長篠の戦いで勝利し、信長は静岡を遊覧した際に信長を

接待したのが忠次でした。その礼として与えられたのが「真光」です。信長遺愛の一振

りとして大事に代々受け継がれています。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長77.35㎝ 反り2.8㎝ 致道博物館所蔵

三日月宗近(みかづきむねちか)直江兼続所用 

作刀者は平安時代の山城国三条の住人、宗近とされています。

童子切安綱に並ぶ天下五剣の筆頭としても知られています。銘の入った刀は

三日月宗近しか現存しておらず、宗近の現存する刀は非情に少なく貴重な一

振りであります。

号の由来は三日月形の打除(うちの)けが刃に沿って連なっている事からと

されています。

兼続は上杉景勝の重臣であり、その豊かな才能から様々な戦国武将から家臣

への誘いがあったといわれています。

義に厚く、文化人でもあり、武勇に優れた偉丈夫であった直江兼続もまた数

々の名刀を所持していたといわれています。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長80.0㎝ 反り2.7㎝ 東京国立博物館所蔵

大包平(おおかねひら)池田輝政所用

作者は平安時代末期から鎌倉時代にかけて活躍した古備前派の代表とされる包平です。

当時、この太刀を大変気に入った輝政ですが非情に高かったため、家臣たちに反対され

ていました。それでもあきらめきれない輝政は何とか家臣たちを説得して手に入れたと

いわれています。

後に、文化庁が買い上げる事になりましたが当時の予算の三分の一だったといわれてい

ます。

信長・秀吉・家康と天下人の下で戦い続けた輝政はまっすぐな性格だったため、どの武

将にも気に入られました。愛刀家として知られる輝政にとって価値的には童子切安綱に

並ぶ名刀中の名刀の包平は最高の一振りだったのでしょう。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長89.2㎝ 反り3.5㎝ 東京国立博物館所蔵

大般若長光(だいはんにゃながみつ) 足利義輝所用

作刀者は名匠備前長船長光とされています。

名前の由来は刀剣鑑定家の本阿弥家がこの太刀に六〇〇貫文(現代の三〇〇〇万円相当)

の値をつけ、六〇〇巻あったとされる大般若経にかけてそう呼ばれるようになったといわ

れています。

 

剣豪将軍として有名だった義輝ですが政治の腕も秀でていたといわれています。後に、松

永久秀と三好三人衆に襲われ自害しました。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長73.6㎝ 反り3.2㎝東京国立博物館所蔵

千子村正(せんじむらまさ) 真田幸村所用

千子村正は村正一門の初代にあたります。千子観音に祈願して生まれた子という

意味で千子と名乗ったそうです。

妖刀として有名な村正

何かと徳川家に災いをもたらす刀として知られています。祖父と父を斬った刀が

村正であった事や、信康が死罪の罪で切腹で使われたのも村正といわれています。

村正を所持していた武将として知られる真田幸村。大坂夏の陣であと一歩のとこ

ろまで家康を追いつめて、投げはなった刀も村正といわれています。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長68.8㎝ 徳川美術館所蔵

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら