メニュー

一太刀通信 | 日本刀の真剣なら一太刀.com

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

一太刀通信

一期一振り 豊臣秀吉所用

秀吉の所有していたものは四百五十三振りあったと記されています。

その中でも最も秀吉が愛したものがこの一期一振りの異名を持つこの刀であります。

作者は鎌倉時代に活躍した山城国の粟田口藤四郎吉光です。

秀吉が天下三名工に選んだ一人であります。

吉光の作品はほとんどが短刀でしたが秀吉の所有するわずかに吉光が手掛けた貴重な太刀であり

その中でも最高の出来であったことから「一期一振」の異名がついたとされています。

 

農民の子として生まれ関白太成大臣まで上り詰めた秀吉にとって数々の名刀収集は己の権力を戦国の世に

誇示するものだったかもしれません。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長69.1㎝ 反り2.6㎝ 宮内庁所蔵

 

備前国長船住人景光 武田信玄所用

景光は長船派の三代目で、鎌倉時代末期に活躍した刀工です。

長船派の祖である光忠の孫にあたります。

「鋭く・折れず・曲がらず」を追及した景光の刀は斬れる刀として

当時の戦国武将に愛されていました。

後に、信玄は軍事行動の成就を祈願し、浅間神社に奉納したのが

この景光の刀です。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 重要文化財 刃長77.3㎝ 反り2.8㎝ 富士山本宮浅間大社所蔵 

 

 

山鳥毛(やまとりげ) 上杉謙信所用

上杉家の刀蔵には七百振りあったとされています。その中でも最も優れたものを

「上杉景勝御手選三十五腰」と定めたとされています。

この中には伝説を持つ宝刀がいくつか存在し、現在でも国宝、重要文化財として

残されています。その中でも最も優れたものとされるのがこの山鳥毛であります。

 

軍神と呼ばれ、義を重んじ、無益な争いを避け、己の生き様を貫きとおした

上杉謙信にふさわしい一振といえます。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 国宝 刃長80.9㎝ 反り3.2㎝ 個人蔵

へし切り長谷部  織田信長所用

信長の気性を伝える刀

 

作刀者とされる長谷部国重は、相州正宗の門下で正宗十哲の一人として数えられた人物です。

この刀がその異名で呼ばれるようになったのは、無礼をはたらいた観内という茶坊主を信長が手打ちにしようと

したところ、観内が御膳棚の下に逃げ込み、信長がこの刀で御膳台ごとへし切ったことからへし切長谷部とよば

れるようになったと伝わっています。

 hesigirihasebecg2

 

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

 

DATA 刃長64.9㎝ 反り1.0㎝ 福岡市博物館所蔵 

童子切安綱 源頼光所用

童子切安綱は天下五剣に数えられる名刀中の名刀です。

なかでも最も古い時期に作られていることから、しばしば筆頭として取り上げられています。

 

頼光の酒呑童子斬り

童子切の異名は、酒呑童子の首を斬ったという伝説から生まれています。

平安中期、都で美しい娘をさらった事件が多発していました。その犯人は大江山に住む悪鬼、酒呑童子だったのです。

この鬼退治に任命されたのが武士団の長である源頼光でした。

頼光は、大江山に向かい酒呑童子の館に忍び込み、安綱作の太刀を振り上げ酒呑童子の首を一刀両断したのでした。

 

六つ胴を断ち切った怪刀

江戸時代に行われた試し切りでは重ねた罪人の死体六体を一刀両断し、さらには下の土嚢にまで切り込んだといわれて

います。

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長80.0㎝ 反り2.7㎝ 東京国立博物館所蔵

天下五剣とは日本刀の中でも、特に優れた名刀

天下五剣という名刀をご存じでしょうか?天下五剣とは、室町時代頃から人々の中で話題にのぼるようになった特に優れた名匠が作った日本刀の事を指します。誰がどのように定義したかは、言われておりませんが、ここまでの内容だけでも「天下五剣」とは浪漫溢れる話ですよね。今回は天下五剣に数えられる刀をご紹介いたします。

天下三作とは、秀吉の愛した名刀「吉光」「正宗」「義弘」

天下三作と呼ばれている「藤四郎(粟田口吉光)」「正宗」「江義弘」の名を一つでも聞いた事があるという方は、多いかと思います。
これらは、アニメやゲームなどで多数紹介され、今でもなお語り継がれている名刀です。
また、これらの三作は京の吉光、鎌倉の正宗、越中の義弘とそれぞれ作られた地域が違います。

参考文献

情報発信のための参考資料

日本刀大百科事典        福永酔剣

名刀と名将           福永酔剣

図説刀剣名物長         辻本直男

上杉謙信・景勝と家中の武装   竹村雅夫

名刀伝             牧秀彦

刀剣講座資料          しらさぎ刀剣会

刀剣目録            小和田泰経

日本の名刀           柴田光男・大河内常平

新・日本名刀一〇〇選      佐藤寒山

武将とその愛刀         佐藤寒山

戦国武将と名刀         横田孝雄 

 

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら