メニュー

歌仙兼定(かせんかねさだ) 細川忠興所用

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

一太刀通信

歌仙兼定(かせんかねさだ) 細川忠興所用

この刀は、室町時代の美濃の名工、二代目兼定の作とされています。山田浅右衛門が

試し切りを行った際に、三体の罪人の死体を斬った事から「大業物」の評価をしてい

ます。その切れ味から当時の戦国武将から愛されていました。

教養と非情さを持った忠興の名刀

「歌仙兼定」の名の由来は、肥後八代にして隠居していた忠興は、当主忠利の治世を

気に入らず側近の輔佐ぶりが悪いとして次々と彼らの首を刎ねたとされています。

忠興が殺害した家臣の数が三十六人であったため、三十六歌仙にちなんで「歌仙兼定」

と呼んだとされています。

 

kasenkanesadacg2

 

戦国武将の「写し刀」を制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の販売をしております。

 

DATA 刃長61.0㎝ 反り1.4㎝ 永青文庫所蔵

 

 

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら