メニュー

切り付け銘と代銘

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

一太刀通信

切り付け銘と代銘

切り付け銘

中心に銘を施すことは彫るとは言わず、鏨で切る、切り付けると一般的に

用いられているが、所持由来、試し切り、磨り上げ者などを中心に切った

ものを、特に切り付け銘と言う。

 

代銘

製作に関係した門弟あるいは子が、作者承認の上で代わって銘を切ること

がある。これを代銘と言い、正真銘と同様に見なされている。代銘の作品

には、師の承認の上で代作を行っていることもある。また代作に、師が自

身で銘を切った場合もあると推定される。

刀身を用途に合わせて磨り上げたりする場合、しばしば銘の部分に影響を

及ぼすことがある。銘を尊重し工夫をこらして何らかの形で残したものと

最初から銘のない作品や磨り上げて無銘になった中心に鑑定銘を入れたも

のがある。

 

戦国武将の「写し刀」「新作刀」の制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

 

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら