メニュー

実休光忠 織田信長所用

  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH
  • tel.072-714-3431
  • お問い合わせ
  • JAPANESE
  • ENGLISH

一太刀通信

実休光忠 織田信長所用

三好長慶の弟の三好実休が所持していた事からこの名がついた。

実休は河内国の守護畠山高政に久米田の戦いで敗れ、戦死した。

このときにこの刀は高政に奪い取られた。

高政は織田信長に巨従し、実休光忠を献上した。信長はこの刀

を大変気に入り、本能寺の変の時にも佩用していたとされている。

その後、豊臣秀吉に再刀され、大坂の陣後に徳川家康の手に渡っ

た。

 

三好実休、最期の刀は、信長・秀吉・家康と三人の天下人を渡り

歩いた。光忠の作品は信長に好まれていたと事で知られている。

 

戦国武将の「写し刀」「新作刀」の制作・販売しております。

あの名刀が時代を超えてあなたの手に。

お客様のご要望に合わせた日本刀(真剣)の制作・販売しております。

お電話でのお問い合わせは072-714-3431

お問い合わせフォームはこちら